search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

経済思想と経済の実体 ― 所得税について


所得税の累進性は強いほどいい。

高額所得者に対して所得税率が極めて高く、所得税に対する法人税率や株売却益課税率の落差が大きいほど、会社で働いている高額所得者が起業家や投資家になろうとする動機は強まります。実際、北欧経済はそれで強いのです。

高い課税率を避けるために、起業や投資ではなく、海外移住を選択する人もいますが、これは全く問題ありません。

所得は誰かからもらったお金です。

例えば、日本人野球選手が日本で活躍する場合、そのお金は主に日本人観客からもらったお金です。日本人野球選手がアメリカの大リーガーになった場合、その選手の所得の主な源はアメリカ人観客のお金ということになり、日本経済にとっては全く何の問題もありません。

日本の大会社の高給取りがアメリカの大会社の高給取りになっても同様です。

> 日本人野球選手がアメリカの大リーガーになった場合、その選手の所得の主な源はアメリカ人観客のお金

日本人観光客が動員されることで得られる収入もかなりあると思いますが(シャワー効果も大)。
そもそも大リーグは、それを見込んで日本人選手を受け入れているのではないでしょうか。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/966-d69eac13