search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教と神秘主義 ― 強い唯物論、弱い唯物論


哲学的な意味での唯物論における「物」は、時空間上に位置を持っている。

ユダヤ教やキリスト教の「神」は「天」という空間にいるので、哲学的な意味では「物」であり、万物の起点が物である以上、ユダヤ教やキリスト教は唯物論宗教ということになる。キリスト教をベースとした中世スコラ哲学でも、例えば、個々の人間の存在は一般イデアに依存せず、それ自体として存在し、私たちの心にある人間についての概念は「唯の名前に過ぎない」という唯名論としても表現されている。

日本の神話が唯物論神話であることは、もはや、いうまでもなさそうだ。

伝統的な宗教も、最近の「スピリチュアル」も実は大差がない。霊魂が何かに宿るならば、霊魂は時空間上に位置を持っているのだから、「物」ということになる。

「物」の存在の確認において、堅牢な一般合意 ― 科学的な証明など ― を要求するのが「強い唯物論」であり、通俗的な意味での「唯物論」になる。一方、堅牢な一般合意を要求しないものが「弱い唯物論」であり、通俗的な意味での「宗教」や「スピリチュアル」になる。

弱い唯物論であるキリスト教と強い唯物論であるマルクス思想の間の隔よりも、唯識論と唯物論の間の隔たりは大きい。

唯識論~唯物論のスケール上に宗教の神格を配置すると、多分、以下のようになる:

唯識論

  • 老子の「道」 ― 位置、数と量、形体を完全に超越し、森羅万象の営みに介入しない。(再帰的に定義されている。)
  • プロティノスの「一者」 ― 位置、数と量、形体を完全に超越し、森羅万象の営みに介入しない。(列挙的に定義されている。)

  • アリストテレスの「第一動者」 ― 森羅万象(「円環」)の最外部に位置し、量と形体を超越し(「大きさと部分をもたない」)、森羅万象を起動し続ける。
  • ムハンマドの「アッラー」 ― 森羅万象を創造かつ維持し、暗に部分を有し、人間の営みに介入する。
  • モーセの「イェホヴァ」 ― 森羅万象を創造し、暗に部分を有し、人間の営みに介入する。
  • キリストの「父なる神」 ― 森羅万象を創造し、父性を有し、明らかに部分を有し、人間の営みに介入する。
  • ギリシア神話の神々 ― 森羅万象から生まれ、人間と同様に個性と性別を有し、人間の営みに介入し、また、人間からある程度の影響を受ける。
  • 日本神話の神々 ― 森羅万象から生まれ、人間と同様に個性と性別を有し、人間の営みに介入し、また、人間からかなりの影響を受け、徐々に劣化する。(ついでにいうと、天皇位の継承に血統が絶対なのも、日本の思想体系に強い唯物論が色濃いことを示唆している。)


唯物論

//

水平線は唯識論と唯物論の境界。各種「スピリチュアル」ってのは、キリスト教と日本神話の間に散りばめられている。

神は、姿・形が無い、非物質的な存在

哲学的な意味での唯物論における「物」は、時空間上に位置を持っている。

ユダヤ教やキリスト教の「神」は「天」という空間にいるので、哲学的な意味では「物」であり、万物の起点が物である以上、ユダヤ教やキリスト教は唯物論宗教ということになる。

 物は、時空間と一体不可分の存在で、姿・形が確かにあります。

 しかし、天というのは、姿、形があるようでいて、その実体はありません。
 神が天にいるというのは、ものの例え。
 神の実体は、姿・形がなく、誰にも見えない、非物質的=心とか精神と言われている存在。
 こう理解するほうが、悟りの原理を説明する上でも実用的。
  一般法則論
http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/

  • 2008年04月10日木
  • URL
  • 一般法則論者 #.PKXlONI
  • 編集

少なくともユダヤ教やキリスト教における「神」は、哲学の定義における「物」に当てはまります。実体があるかどうかは問題ではありません。

実体がない空間、例えば、虚数空間や名前空間の中にある存在も「物」です。

「天」もまた空間であり、「天」にいる「神」が「創造主」であるならば、その神は時間軸上にも位置を持っています。

老子やプロティノスの唯識論思想が特異なのは、「未知」や「一者」という言葉で指し示そうとする対象が、あらゆる意味において時空間上の位置を持っていないことです。

  • 2008年04月10日木
  • URL
  • Lexar #tV7uNBRQ
  • 編集

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E5%BF%83%E8%AB%96
唯心論

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E8%AD%98
唯識論

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%B3%E5%BF%B5%E8%AB%96
観念論


これらの考え方は非常に面白いものですね。

これらの考え方を、人間があるものをあるものだと考えるからそれがその人にとって存在する、とするのか、またはそもそも人間が認識するものが存在するかどうかは分からない、あるいは存在せず、意識の中でのみ存在する、とするのかでまた違って来ますが、思い切った考え方でしょう。

実際のところ、我々は我々が目にしている世界が実在するかどうかを証明できません。

夢や幻想、意識の中のものかも知れません。他の人は自分が意識上作り出した幻影かも知れません。もっとも、自分がそこから逃げ出せず、更に自分が作り出したにも関わらず一定の法則を自分で覆すことができないのだとしたら、実際に存在するのと大して変わりはないですが。

しかし、自分が存在すること自体は分かります。

私は独我論者ではありませんが、我思う故に我あり、という事ぐらいしか我々にはきちんと証明できないはずです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AC%E6%88%91%E8%AB%96
独我論

カントのおかしいのは、我々は自分たちの認識の方法でしか物事を認識できない、としている事までは正しいと思いますが(これはショーペンハウアーや仏教でもそうだと思いますが)、その背後に本当のモノ自体、の世界を断定した事です。

認識できない訳ですから、我々が見ているものが本物かどうかさえ、我々には分からないはずです。モノ自体をカントはどうやって認識したのでしょうか。


ところで、我々が認識するものが偽者であろうと、本物であろうと、または意識が全てを作ってると考えようと、物質に意識が影響されていると考えようと、そういったものが存在する、つまり、そういった認識をする自分自身を認めている段階で、広義の唯物論であろうかと思います。

実際の所、広義の唯物論から外れる事のできる推論を私は知りません。


例えば、人間の意識にはある種の力があって、それが社会に影響を及ぼしている、という考え方は昔からあちらこちらでありますが、それはまず社会や世界があり(モノ)、自分が居て(モノ)、それが世界に影響を与えていて、その影響が自分に返って来る(物質現象)訳ですから、広義の唯物論です。

自分の意識「のみ」が存在していて、それが全てである、という考え方も、自分(モノ)の内部にある脳あるいは別の何か(モノ)によって存在できる情報世界、を想定している訳ですから、やはりモノに立脚しモノに終わっています。

例えば、夢を見ている人は、その人やその人の脳(モノ)があって初めて存在できる訳ですから、夢も脳の内部の情報(ニューロンと電子、あるいは発見されていない何か、つまりモノ)に過ぎない、と考えられます。

仏教の言うところの空は少しおかしなところがあります。空を存在しない、ではなく、無意味と捉えればまだ理解できます。

この世の価値は、人間の感覚によって把握された社会を人間が勝手に規定しているだけであるから、無意味である、という論法ならばまだ分かります。

しかし、物事は常に変転するから(これはそうでしょう)、そしてそれらの境界線は曖昧であるし、人間の感覚には限界があるから(これらもそうでしょう)、人間の名前付けは便宜上の仮のものである(反唯名論、ここまでも納得できます)。

だから現実には一切のモノは存在しない。

↑、これは飛躍しすぎだと考えます。
純粋に論理的に言うのであれば、

だから現実に何が存在するかを我々は断定できない。

これが正しい結論だと思います。


一方、狭義での唯物論は分かりやすい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E7%89%A9%E8%AB%96
唯物論

目に見え、触れるものだけで世界を説明しようとします。ここに、電波や重力など、そういった物質に影響を与えるものを加えます。意識もあるようですので、これも加えますが、まだどのようなものかは断定できていません。

しかし、広義と狭義とではその線引きがなかなか難しい。

神が世界に影響を与えるのでしたら、それは電波や重力と同じですし、人の意識や霊魂が影響を与えるのならば、やはりニュートリノや電子と同じです。

仲間に加えてあげましょう、とやっている内にだんだんと広義のそれになり、殆ど全ての哲学的立場を含む事になります。

  • 2009年08月15日土
  • URL
  • シュワの墓所 #-
  • 編集

最近では、量子力学の出した結論を使って、唯心論を唱えようと言う人々がいます。

(上祐氏など)

量子力学では、光が粒子であるか波であるかが、測定の仕方によって変わってしまう。粒子として測定しようと思った実験では、光は粒子として振る舞い、波を測定しようとして行った実験では、光は波として振舞う、といった結論から、

測定者の思考が実験に影響を与える→人間の思考が物理現象に影響を与える→修行次第では人間の思うままに社会を変化できる

となります。

しかしこれは少し飛躍のし過ぎだと思います。

量子力学の様々な実験や理論で分かったのは、光には粒子と波の両方の特徴がある、というだけです。

実験者の考え次第では、光が低速になったり、いくらでも増えたり、存在しなくなったり、金属となったり、といった実験結果ではありません。

まして、全ての物質が人間の思考によって幾らでもその形態を変える、という説ではありませんし、実験結果でもありません。

しかし宗教家というのは本当に困ったものですね。

  • 2009年08月15日土
  • URL
  • シュワの墓所 #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/956-974beecc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。