search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チベット案件 ― ダライ・ラマ


(転生を信じようと信じるまいと、ダライ・ラマを語る上で、転生のことは避けて通れません……なぜならば、)

ダライ・ラマ自らが、転生を世俗の政治のおいても、権威と権力の源としているからです。ダライ・ラマ5世と14世が同一人物であるという主張の科学的(あるいは、超科学的)証明の成否にかかわらず、14世自らが5世と同一性を政治的に主張したからには、5世までのダライ・ラマが作った農奴制を何とかする責務を自ら引き受けていたことになります。

また、逆に考えると、チベットがイギリスや中国の支配に屈してきたことには、チャールズ・ベルやシモーヌ・ボーヴォワールの手記などによって、農奴制の実態が外国にも知られるようになったことが影響しているとも考えられます。イギリスや中国はチベットを実効支配することを正当化できる理屈を容易に作り出すことができたのです。(これは、クウェートに侵攻したり、クルド人を虐殺したフセインが独裁的に支配するイラクを攻撃する理由を、アメリカが容易に作り出すことができたのと同じです。)

外国の政府も非政府機関もその他あらゆる任意団体も、中国政府と亡命チベット政府のいずれに対しても、政治的に肩入れすべきではない、と私は考えます。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/953-d42f986b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。