search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

伝達処理コストと思考処理コスト


思考の中で、意味や機能が未解析の語句を保持する部分を「スタック」、解析済みの語句を保持する部分を「ヒープ」と呼び、会話において、「伝達処理」を「音声で伝えられた情報を語句に変換してスタックに渡すこと」、「思考処理」を「スタックを管理し、積まれた語句を解析し、ヒープに渡すこと」と定義します。

伝達重視言語では、伝達処理コストが小さく、思考処理コストが大きくなります。

英語は強い伝達重視傾向を示していて、

  • I drew a map.(私は地図を描いた。)
  • I drew the veil over my face.(私はそのベールを顔に被った。)
など、動詞が目的語とする名詞の種類によって多様に意味と作用を変化させます。ここで重要なのは、伝達処理で「I drew」までをスタックに渡した時点で、思考処理側では「drew」の意味を全く処理できず、スタックに「drew」という具体的な意味と作用が未定の動詞を積んでおかなければならないことです。

「I drew a map.」で実際に作用の直接対象になっているのは隠れた「a pen」と「a sheet of paper」であり、「a map」は「drew」が「a pen」と「a sheet of paper」に作用した結果です。

比較すれば、「I drew the veil over my face.」では、「the veil」は作用の直接対象になっています。しかし、「I drew the veil」まで処理した時点でも、「the veil」は作用の結果である可能性が残ります。

  • I drew the veil ―(私はそのベールを描いた(?))
    →I drew the veil over ―(私はそのベールを最初から再び描いた(?))
     →I drew the veil over my face.(私はそのベールを顔に被った。)

「the veil」に「drew」がどのように作用するのかは、「my」がスタックに渡されるまで未定です。そのため、スタックの管理に大きな思考処理コストがかかります。

伝達処理コストが大きい日本語やその他の思考重視言語では、伝達を定型化することで伝達処理の効率を上げたがる傾向があり、人間関係が密接な社会が生まれやすい。思考処理コストの大きい英語やそのほかの伝達重視言語では、思考を定型化して思考処理の効率を上げたがるので、大がかりな哲学が生まれやすい。

言語学の長年の歴史で、言語に全体的な優劣をつけようという研究は全て失敗に終わっています。おそらく、どの言語においても、伝達処理コスト + 思考処理コストは全くあるいはほぼ同じなのでしょう。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/950-c8cd338a