search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権利について ― I


権利そのもの考えてみようと思う。

権利については、利益説と意思説がある。
さらに選択説というのもあるのだが、
それは意思説からの派生だから、
意思説に含まれると思う。

・利益説 権利は利益である。
・意思説 権利は意思である。

教育を受ける権利、というのはおおむね利益説を採用しないと
都合が悪い。
子供が小学校への登校を拒否しても、
学校教育がその子供にとって利益になるのだから、
その子供の意思に関わらず、
その子供にはある程度の教育を受ける権利がある。

生死に関わることは意思説の方がいいこともある。
本人が望むなら、尊厳死を認める、
というのは意思説による。

edit

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/93-f05ad345

権利について ― II

ハイポリティクスはたいてい意思説を採用する。防衛庁長官時代の石破氏は、日本国憲法が禁じているところの"戦争"を"侵略戦争"と解釈した。これは意思説によるもので、私は石破氏

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。