search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネタリストにおける負の所得税案浮上の必然性


マネタリストは政府の財政出動ではなく、政策金利や中央銀行にある商業銀行の口座を調整して、過度の好況や不況に対処しようとします。政府がお金を使うのではなく、中央銀行がお金を配るのです。

しかし、商業銀行が貸し渋れば、そこでお金が滞り、マネタリストの政策は失敗します。それを回避するには、商業銀行を迂回して、お金を配らなければならない。マネタリストの経済政策理論を完璧にしようとすれば、負の所得税という案が浮上するのは必然だったと思います。

しかし、負の所得税という制度を導入しようとすると、為政者は法の支配と法治主義の境界ぎりぎりまで踏み込むことになるでしょう。

マネタリストとしてフリードマンはそのぎりぎりまで踏み込んだ主張を述べた。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/926-514f325d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。