search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本間正義批判


東京大学の本間正義教授曰く

コメは主食から野菜化している。野菜の一つとしてコメを考え、消費者に売り込むべきだ。 たくさんの国と仲良くして、食料は輸入すればいい。 日本の農民が台湾の農民のようになるだろうが、 それは「調整」なので仕方がない。

本間の経済学は貿易を自由を主張しながら、生産の自由を主張していないので、実際の経済を救えない。

コメの関税を撤廃し、コメの貿易総量も設定しないというのは、自由主義的な考えでまあいいとして、じゃあ、貿易だけじゃなく、生産についても自由にするべきだ。例えば、日本の農業従事者がアメリカやオーストラリアの土地を自由に賃借し、自由に購入し、自由に耕作できるようにする、とかね。

まあ、上記の私の主張は仮定だよ。

貿易の完全自由化は、ジョン·レノンが夢見た国境のない世界でのみ、人々を幸福にできる必要条件を満たせる。国境が残っていれば、どちらかの側で自由に動けない生産者が大損することになる。でも、現実には国境廃止は無理。人類の意識の平均がレノンに追いつくのに、あと600年くらいはかかるだろうね。だから、農業を保護するしかない。

自由主義の経済学者アダム·スミスだって、現実的な政策論として、外国の船の入港制限を唱えていたんだよ。

経済学は経験的な学問だ。あんまり思想になっちゃいけない。

世界は・・・

> 人類の意識の平均がレノンに追いつくのに、
> あと600年くらいはかかるだろうね。

そうだね。
映画「イノセンス」のバトーがこんなこと言ってるね。

 世界は偉人たちの水準で
 生きていくわけにはいかねぇからな

理想は大切だけど、あんまり理想ばっかり語ってると、
現実の方からしっぺ返しを受けるだろう。
例えば、視線を斜め右前方(少し上加減)にして
「美しい国」なんて言ってた人がいたじゃん。
あんな感じだね。

  • 2007年11月04日日
  • URL
  • 兵士シュベイク #-
  • 編集

投機家は特に理念より経験を重視します。ノーベル賞学者の理論を駆使するファンドでも失敗することがあり、旭川の小間物屋のお婆さんの単純な手法が40年の時の試練に耐えることもあります。

  • 2007年11月05日月
  • URL
  • Lexar #tV7uNBRQ
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/749-4308a5f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。