search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

愛国心批判 ― ウヨアニメ『誇り』について


日本が過去に何の間違いもしでかさなかった、と信じるなら、それは愛国心を通り越してすでに狂気の域にある。

日本青年会議所作製のDVDアニメ『誇り』について
http://www.asyura2.com/07/senkyo34/msg/894.html

過去から来た青年、雄太の語る内容はこんな感じ:

「領土拡大戦略として南下してきたロシアと、そのロシアから自分たちの国を守りたかった日本。その後、それぞれの思惑とは別に周囲を巻き込みながら、その後の大東亜戦争にまで発展していくんだ」 ― ここまでは良し。司馬遼太郎だってここまでは同意するだろう。

「日本対アメリカを含む連合国軍との戦いを、当時、日本では東アジアの白人からの解放を大義目的にそう(大東亜戦争と)呼んでいたんだ」 ― まあこれも間違っちゃいない。

「日本は亡国の道を歩むか、戦争に突入するか―二つに一つの決断を迫られ、アメリカをはじめとする連合国軍との戦争という苦渋の決断を強いられた」 ― アメリカの提案通りに中国やインドシアから手を引いても、亡国の道を歩むことにはならなかったはずだ。だって、植民地がなくなっても、戦後日本の奇跡の復興は実現した。

「(GHQは)戦争で残虐行為を働いた凶悪な日本兵というイメージを日本国民に植え付け、洗脳していった」 ― これも間違い。第731部隊は凶悪だったろう。慰安婦問題でも、オランダからかなり決定的な資料が出てきて、強制売春があったことは世界に事実としてより強く認識されるだろう。GHQが日本人に知らしめた戦中日本のイメージはおおむね正しい。

安部晋三の「美しい日本」ってのは、太平洋戦争を含めての日本全面礼賛のことで、この路線で突き進めばいずれ、日本は反アメリカ国家になってしまう

そうそう、特にお題と強い関連はありませんが、私は天皇に戦争責任はあったと思っています。

(国を挙げて好戦的であった、多くの国民にもあったと思っています)

一部の知識人の中には戦争反対派も多かった訳ですが、彼らには何の責任もありません。吉野作造や石橋湛山など。

山本五十六や石原莞爾は戦争に深く関わっていたのですが、少なくとも彼らに太平洋戦争の責任を押し付けるのも無理があるでしょう。彼らは開戦に賛成していた訳ではありませんし、早期講和や戦線不拡大を唱えていました。

上杉慎吉は軍人ではありませんでしたが、日本を軍国にした罪は大きいと思われます。

海軍にもそれなりに責任があります。

皇道派や統制派の陸軍軍人、関東軍こそが最大の責任があると考えます。彼らは白昼テロを行いましたし、内乱の危険性も常にあった。

昭和天皇はどちらかと言えば、他の人々とは違い、平和主義でしたし、よって開戦にも反対していました。

昭和天皇がもし知識人ならば、あるいは吉野作造と同じような主張をしていた可能性さえあります。


しかし、天皇が彼等と大きく違い、彼に責任があると思われる最大の理由は、彼がその思想性によってではなく、天皇であるが故です。

幾ら、消極的であるとは言え、結局のところ、軍部に全てを押し切られ、陸軍や海軍の提出する人権を無視した作戦全てを認可した監督責任があります。

あの時代、政府は陸軍省、海軍省には注文を付けられましたが、軍部上層には無力でした。それはどんな内閣が誕生しても同じでした。

基本的に、国会や行政は、軍部に命令を出す事ができなかったのです。

統帥権があり、これが全ての元凶でした。
統帥権とは、軍が勝手に動き回れる事を支える権利でした。これは、陸海軍のトップが全ての権限を持つ、という事を意味していました。

では、そのトップを押さえ込めるような人は日本にいなかったのでしょうか・・・?

そもそも、統帥権とはもともと誰の権利なのでしょうか?


紛れもなく、国家の最高の権利を有していたのは天皇でした。天皇は明治憲法の範囲内で動くことが規定されていましたが、その憲法で少なくとも陸海軍の統帥権は天皇にあったのです。幕僚はその補佐にあたる、という名目に過ぎませんでした。

これは、現在の象徴天皇制の時にもし自衛隊が暴走した場合とは大きく違います。


積極的な責任という訳ではありませんが、少なくとも開戦、敗戦、人道の全てに置いて、昭和天皇には役職による責任があります。

  • 2009年08月17日月
  • URL
  • シュワの墓所 #-
  • 編集

しかし、あるいはこういった考え方はLexarさんのお考えに合わないかも知れません。

もしLexarさんが天皇を崇拝されていた場合の事も考えて、一応の言い訳をここに・・


私は、昭和天皇やその後の天皇の、人格を否定している訳ではありません。恐らく、天皇は軍部に押し切られて数々の作戦の指示を行ったのでしょうし、国のために闘うこともまた君主として必要なことであったでしょう。

また昭和天皇自体、終戦後に過去の失敗の過ちを繰り返さないように努力されただろうと思う事も、ここに併記いたします。

  • 2009年08月17日月
  • URL
  • シュワの墓所 #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/556-d788fa66