search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語学 ― 英語の助動詞


英語の助動詞は前後の文脈がないと意味がはっきりと伝わらないことが多い。

Could you come back? ··· 「あなたは戻って来てもらえますか?」という依頼の意を含んだ疑問文かもしれないし、「あなたは戻ってくることが可能でしたか?」という過去の可能を問う疑問文かもしれない。

What should you say? ··· 「あなたは何をいうべきなのですか?」または「あなたはなんてことをいうのですか?」

You must be ready. ··· 「あなたは準備する必要がある」または「あなたは準備しているに違いない」

しかしながら、英語で書かれた契約書では、助動詞が多用されている。これでは、アメリカで訴訟沙汰が絶えないのも無理はないと思えてくる。

曖昧な助動詞を避ける表現ももちろんある。

Could you come back?
→Will you please come back?
→Were you capable of coming back?

What should you say?
→What are you supposed to say?
→What dare you say?

You must be ready?
→You need to be ready.
→I'm sure you are ready.

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/398-86332627
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。