search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラビア語圏の盛衰


ラテン文字にはもともと小文字がなかった。

ABE SHINZO

ラテン文字圏には長らく文字を読み書きする人が少なく、中世の大きな修道院でも、所蔵していた書籍は5冊くらいであったという説がある。それゆえか、小文字が出てくるのは3世紀ごろだが、筆記体の確率は18世紀まで待たねばならなかった。

一方、アラビア文字圏では文字の読み書きが盛んにおこなわれ、11世紀のバグダードには数万冊の本を扱う書店が軒を連ねていた。

آبيسإنزو

アラビア文字は基本的に筆記体で、ラテン文字よりは素早く書くことができた。手書きに向く筆記体というテクノロジーが黄金期のアラビア文明を世界の頂点に押し上げ、支えていた。

漢字文化圏では11世紀ごろに活版印刷が発明されたが、文字の数が多く、活版印刷は普及しなかった。

15世紀にラテン文字圏で活版印刷が再発明されると、ラテン文字は数が少なく、アラビア文字のように左右の文字によって文字が形を変えたりしなかったので、活版印刷は順調に普及した。手書きにあまり向かないことが、新しい技術の登場で、強みになったのだ。

アラビア文字圏では、宗教上の理由や、筆記を生業とする人々を保護する目的で、イスラム教徒による文字の印刷が禁じられることが多かった。キリスト教徒によるアラビア文字の印刷はおおむね禁じられなかったが、見栄えが悪く、アラビア文字圏で好まれなかった。

آ ب ي س إ ن ز و

アラビア文字圏が文明として停滞している間に、ラテン文字圏では文字を読み書きする人が大幅に増え、やがて文明水準は逆転した。

ここから学べる教訓は何か?

見栄えが悪かろうとも、誰かにとって不都合であろうとも、新技術に無関心であったり、背を向けようとすることは危ない。

人工知能の普及は多くの人々から職を奪うかもしれないが、人工知能を拒絶したり、時折しでかす失敗について過剰に騒いだりすれば、我々の文明はきっと他の文明に組み敷かれることになると思う。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/1659-5bed96e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。