search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資理論 ― とある市場モデル


証券の収益性は

Ul9pPVxhbHBoYV9pK1xiZXRhX2lSX20rXGVwc2lsb25faQ.png
XGFscGhhX2k.png ··· 証券固有の収益性
XGJldGFfaQ.png ··· 証券のベータ値
Ul9t.png ··· 市場全体の収益性
XGVwc2lsb25faQ.png ··· エラー

という市場モデルで書き表わされる。

しかし、このモデルはそれ自体大して役に立つものでもない。

実用を試みるに際して、最初で最大の問題になるのはのXGFscGhhX2k.png見積もりである。XGFscGhhX2k.pngを客観的かつ妥当な誤差内で推定する方法はまだ存在しない。

XGJldGFfaQ.pngを求めるには計算期間の設定が必要だが、その設定そのものはやはり裁量による。つまり、テクニカル分析で移動平均の適切な計算期間を設定しようとすることと同様である。

Ul9t.pngの一寸先は闇だ。ゆえに、XGJldGFfaQ.pngが小さい証券の買い入れとXGJldGFfaQ.pngが大きい証券の売り込みを組み合わせることが、現実の市場でのヘッジ戦略となっている。これは市場が下落する局面では優れた戦略となるし、実は乱高下局面でもうまくいくと考えられる。

しかし、買い入れと売り込みの大きさが同じであれば、このヘッジ戦略は市場のバブル化に際して含み損を抱える。暴落に備えたヘッジ戦略が、暴落直前のバブル化した市場では苦戦するのだから、このモデルから心安らかな運用を実現するのは困難だ。

また、XGJldGFfaQ.pngの計算期間の設定次第で、の値と変化率が変わる。当然だが、銘柄間でXGVwc2lsb25faQ.pngのばらつきが大きくなれば、モデルの信頼性は低下する。仮にこのモデルが主流のモデルであるとし、市場のバブル化時に運用担当者が売り玉を減らしていたとしたら、バブル化後のポートフォリオは買い越しになっているため、モデルの信頼性低下はUl9t.pngへの下げ圧力になる。つまり、個々の運用担当者にとってモデルの信頼性が損なわれている間に、モデルの必要性は高まっていく。

このモデル自体は市場全体のリスクにも銘柄固有のリスクにも対応できないのだ。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/1596-231e2fb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。