search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済思想と経済実体 ― 構造問題


Re: http://reviva.blog1.fc2.com/blog-entry-1165.html#comment546

 ケインズ的な就労機会創出には必ず副作用を伴います。
 経済活性化のために政府が土木建築工事を発注すれば、土木建築業種が肥大します。
 政府が土木建築工事の発注をやめれば、肥大した業種のいくつかは倒産し、業種はもちろんのこと、他の業種にまで悪影響が波及することがあります。
 日本経済問題はまさにこれに他ならない。
 しかし、肥大した業種のかなりの数の会社を倒産あるいは業種転換させなければ、構造問題は解決しない。
 このことを理解しているという点では、鳩山由紀夫は小泉純一郎の政策を部分継承しつつあるといえるでしょう。そして、小泉純一郎にとってそうであったように、景気ばかりを気にする亀井静香の存在は再び政策の障害となるでしょう。
 業種肥大化の危険性は土木建築だけにとどまらない。環境保全技術関連にも、政府はあまりお金を出さないほうがいい。環境保全が必要であれば、そのための基準や規則を設けるだけでいい。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/1507-0ffb0ee2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。