search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

権利について ― 内乱と人権の限界


主である織田信長に対して叛逆した明智光秀は、信長を殺害することに成功したが、信長の家臣であった羽柴秀吉に討たれたとされている。

信長の人権は光秀に侵害されたのか?

光秀の人権は秀吉に侵害されたのか?

無論、当時に人権概念はないのだが、現在の我々の法治主義や法の支配の実装を基準にしても、光秀や秀吉の人権が侵害されたとはいえないのではないか?

今度は、江戸時代の日本国内のキリスト教徒について考えてみよう。彼らは江戸幕府によって弾圧された。当時の日本にもまだ人権概念はない、あるいは、希薄であるが、現代の我々から見れば、彼らの人権が弾圧されたような感じはする。だが、島原の乱の首魁である天草四郎の人権が侵害されたとするのには無理がある。

ガンジーらによるインド独立運動では、イギリス軍の兵士による発砲で100人を超える犠牲者が出た。民族自決の原則と人権概念が確立した後のことだが、このことをイギリスによる人権侵害の事例として捉えている学者にも政治家にも出合ったことがない。ガンジーもそんなことはいわなかった。

国家としての独立や信託統治領としての高度な自治を求めて具体的な行動を起こせば、それはもはや内乱である。既存の統治機構は、当然、内乱の権利を認めない。内乱の権利は意思説的権利であり、その意思があればその権利がある。が、その権利の行使が認められるかどうかは権利行使者の実力次第だ。

チベットでラマ僧が独立や高度な自治を求めて行動を起こし、その結果、中国人民軍兵士に銃殺されたとしても、少なくとも諸国首脳の観点からは、ラマ僧の人権が侵害されたとは認知しにくい。自分たちの国においても、内乱の権利なんて認めることはできないからだ。

国家の転覆や民族の独立は、少なくともその指導者にとって、命がけになる。

その覚悟なき者には戦う資格がない。

同志が殺されたことを人権侵害だとして誰かに泣きついた時点で、革命勢力や独立勢力は既存体制と対等以上ではなかったことを認めたことになり、それは敗北宣言に等しい。

何となく、Lexarさんの考え方が分かって来ました。

確かに、信長や秀吉に人権、人権侵害という言葉は似つかわしくない。
信長に限らず、ナポレオンやシーザー、アレキサンダー、ビスマルクにも相応しくない。

何も軍人や政治家だけでなく、ショパンやピカソ、オイラー、アルキメデス、与謝野晶子にさえ向いていないようにも思えます。

つまり、人権という言葉が出てきてしまう人々、というのは保護される対象でしかなく、どこか弱弱しく、とても、自分の力で未来を切り開いて行けるような人物には思えない、という感じがします。

独立や反政府運動をしようとするような人々が、弱々しく自分たちの人権を要求するような人々では、もとより、大した結果は期待できない。協力しようとする側も、二の足を踏んでしまうのは当然だ。

政治的にも軍事的にも戦って、一大勢力を築き、トップに立ち、自ら英雄になろうとする人々は、その人が悪人であっても善人であっても、どこか憎たらしい程のふてぶてしさ、しぶとさ、逞しさを持つべきである・・・

という事でしょうか。

坂本龍馬も高杉晋作も確かにそういう人物でした。


しかしまあ、これは正義の問題で国取り合戦の話ではないのですし、英雄として名を馳せたい訳でもなく、チベットの人はただ消極的に、防衛したいだけであるので、人権という言葉をもし口にだしたとしても順当な事でしょう。

中国を攻め取るような勢いの、チンギス・ハーンが、宋との戦に負けた時に突然「人権」などという言葉を口にだしたら気持ちが悪いですが、チベットは土地を奪われたり、文化を奪われたり、自治権を奪われたくないだけなのです。英雄ではない。この意味において、保護される側で結構、むしろ我々の方が英傑になれるかどうかが問われています。

どこかの小規模な人権問題さえ解決できず見てみぬ振りをするようでは、我々が未来を掴むなど、とてもとても・・・

  • 2009年08月15日土
  • URL
  • シュワの墓所 #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/1395-7f47977f