search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

Windows Powershell ― 人工知能開発に至る(ことを諦めない)長い道 ― I


株の売買のうち、デイトレードより長く、中長期より短いものがしんどくなってきた。

デイトレードはあまりに期間が短いので、圧倒的な利益を上げ続ける少数のトレーダーがいても、トレーダー全体の手法はそれほど進歩しないので、平均よりもほんのちょっと賢ければ稼げる。

スウィングトレードでは、毎日の相場が終わった後、チャートをじっくりと眺め、コンピュータでじっくりと分析できるので、手法の進化が著しい。ある手法で稼げたとしても、長続きしない。ずっと有効な手法は確かに存在するが、その手法が使える条件が整う局面が減ってしまう。手法をどんどん変えていかなければいけない。

そこで、人工知能でも作ってみようと思ったよ。

なぜだか、LISPやPythonではなく、Powershellで!

まずは、株価データの読み込みから。2497.txtはタブ区切りテキストファイル。

$RawData = type 2497.txt
$StringData = @()
foreach($i in $RawData){
	$StringData += , $i.split("`t")
}

この , $i.split("`t"), を思いつくのに、8時間もかかった。以下のことをやってようやく気がついた。

PS H:\> $a = (1, 2, 3)
PS H:\> $a[0]
1
PS H:\> $a = , (1, 2, 3)
PS H:\> $a[0]
1
2
3

","は配列を作る演算子なので、","に配列をくっつけると、配列の配列を作れる。


タイトルに"人工知能"が含まれているので、人工知能の話も … 目指すのは、遺伝的アルゴリズムじゃなくて、ニューロ。

我々人間はお脳の方を使って考えている。けれど、脳の各細胞は自分が何をやっているのか知らない。脳細胞の集合体が成功すれば快楽が、失敗すれば苦痛がホルモンで伝えられ、細胞と細胞がつながったり、細胞が死んだりする。

ニューロな人工知能でも、成功につながる信号を出したノードと、失敗につながる信号出したノードを個別に区別しないほうがいい、はず。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviva.blog1.fc2.com/tb.php/1088-b24fc858