search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

対中国策 ― 棚から牡丹餅


尖閣諸島案件で、管直人政権は大衆の批判を浴びている最中ですが、財界の一角には、尖閣諸島案件を希有な僥倖と見なし、政権による対応を高く評価する声が聞かれ始めています。

尖閣諸島案件で、中国が横暴すぎる行動を取ったため、国際世論は中国異質論に傾いているらしい。中国に対する警戒感を強めたのは日本だけではなかった。

ここで資本主義と市場原理に日本人が幻滅するようなことがあれば、東アジア情勢は不安定化するので、最前線にいる日本の経済力を引き上げるべく、国際社会は日本に協力的にならざるをえないらしい。