search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語族としての中国人と日本人


近代史における経験、つまり、活版印刷技術を実用化したヨーロッパ世界に文明水準において追い抜かれ、その後にヨーロッパ人の軍事進攻の脅威に悩んだという部分は、確かに日本と中国の近代史で類似性を持っています。

中国の政治はある部分において、過去の日本と共通する要素を持っています。しかし、日本と中国の関係は近代以降においてあまりうまくいっていない。

語族としての歴史を考えると、日本人はヨーロッパ人よりも若く、族であり、中国人はヨーロッパ人より年上です。

言語は、アイヌ語のような抱合語→日本語のような膠着語→ドイツ語、フランス語、英語のような屈折語→中国語やベトナム語のような孤立語という変化を経験し、次第に考えるのには向かなくなり、伝えるのに向いたものになっていきます。

日本人は考えるのが上手で、考えるための基礎としての大がかりな哲学を必要としない。その代わり、伝えるのが苦手です。

ヨーロッパ人は考えるのが下手ですが、伝えるのは上手です。考えるのが苦手だから、あらかじめ考えておきます。だから、哲学が発達します。その中では、ドイツ人はどちらかといえば日本人に近く、イギリス人は中国人に近い。フランス人やイタリア人は文明の十字路にいたため、ちょっとターボがかかっています。

中国人は考えるのがヨーロッパ人よりもさらに下手です。その代わり、伝えることにおいては世界最高水準です。

日本人は問題を認識していながら、それを解決するのに必要な社会的合意を得るのに時間がかかります。一方、中国人は問題を認識することそのものに長い長い時間を必要としています。

中国人は問題を認識していながら、それを解決しようとしない、と日本人には感じられるでしょう。一方、日本人は解決策を自ら提示したのに、それに反する言動を示す人が多すぎる、と中国人には感じられるでしょう。日本人にとって中国人は横暴に、中国人にとって日本人は不実に見えることが多い。

しかし、実際のところ、たいてい、中国人は問題をまだ認識していないし、日本人は解決策にまだ社会的な合意が取れていない。

こういう語族としての互いの特性に気がつくには、中国でも日本でも、もっと人文科学に力を入れなければなりません。

スポンサーサイト

第633回「カレーの隠し味、何入れる?」


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「カレーの隠し味、何入れる?」です。大好きな人が多いカレー!ほうじょうもカレー大好きです!同じ市販のルーで作っても、なぜか家庭によって違う味。煮込む時間が違ったり、入れるものが違ってたりしますね!いろんなものを隠し味に入れると思う�... FC2 トラックバックテーマ:「カレーの隠し味、何入れる?」

うちはルーから作ることが少なくない。

入念にすりつぶした林檎と人参に加えて、ヨーグルトとココアが入る。

土風火水サイクル


世界大恐慌を振り返ってみよう。株価は約1/10になった。

当時、7割を国債に、3割を株に投資するファンドが存在したとすると、株での損益は金融資産全体に対して-27%であったことになる。一方、国債の金利は+6.5%ほどであったので、税引き後でも+5.0%は毎年確実に取れたことになる。

つまり、株で損失した分をこのファンドが取り戻すのに、約7年しかかからなかっただろう。

このように、国債と株に分散する投資を「水型投資」または「水」と呼ぶことにしよう。

大恐慌から1953年までのぐずついた時期に、ベンジャミン・グレアムらによって、業務内容が分かりやすい割安優良株を拾う投資法が大きく進歩した。彼らは1954年のコンピューター量産化以降、莫大な利益を手にすることとなった。

分かりやすい割安優良株を拾う投資を「土」と呼ぶことにしよう。

1960年代の終わりごろ、基調に乗り、空買いも空売りも行い、どのような状況でも絶対的利益を出すことを追求するヘッジファンドの台頭が始まった。彼らは、1980年代のアメリカの長期低迷を生き延びた。

基調に乗る投機売買を、「風」と呼ぶことにしよう。

1990年代、「IT革命」――というのは、実際にはその時には起こらなかったが――の名のもとに、多くの新しい会社がアメリカを代表する会社に成長た。アメリカの時価総額上位100社のうち50社以上がヴェンチャービジネスという時代に、新興産業に集中投資して、莫大な利益を手にする人々が現れた。

新興産業への集中的な投資を、「火」と呼ぶことにしよう。

「火」の投資に陰りが見え始めると、「火」の投資家の多くがなぜだか不動産を買う。2003~2006年のアメリカだけではなく、1990~1992年の日本でもそうだった。

もしも、「火」の成功者の全員が賢しく「水」に切り替えるならば、問題は深刻化しないはずだが、株で100倍、1000倍に投資額を膨らませた経験から程ない人々にとって、年利で+5~7%の国債に運用資金の70%を回すのはあまりにつまらないことに思えるだろう。だから、危険でも利回りの良い不動産を買ってしまう。

こうして商人の主役はまた「水」に戻る。

主役が「火」から「水」に交代する期間に、従業員が会社を激安値で買収する絶好の機会が訪れるのだが……残念ながらやりたがらない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。