search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教組織とモラルハザード、そして相対化という解決の道


中世の1000年間、カトリック教会の方が弾圧の道具になっていた。この1000年間の間、ヨーロッパ文明はあまり発展せず、猫殺しに伴うペストの流行でヨーロッパの人口の1/3が失われることもあった。同時代には、イスラム圏の方が栄えていまて、11世紀のバグダッドには、社会福祉も精神病院もあった。

暗黒の中世はモラルハザードの典型的な見本だ。不幸や危険に対処するためのものだったシステムが悪用され、逆に不幸や危険を生んでいた。

どのような立派な思想も、それを実践する実体としての個人や組織が絶対的な権力や権威を握っていれば、モラルハザードの原因になる

ヨーロッパでは、プロテスタントの登場により、カトリックは相対化され、さらにカトリックとプロテスタントの両方を含め、キリスト教が民主主義よりも下位に置かれるようになって、カトリックは洗練された。(そして今度はその民主主義が世界に2回の大戦を経験させ、その後に、個人主義によって相対化され、なんとか落ち着くにいたった。)

キリストの感覚的な問題解決法を、ムハンマドは体系化し、イスラム教を作った。これは基本的にキリスト教より社会的には優れた思想だったため、イスラム圏は長らく幸いだったが、その成功の長い歴史ゆえに、イスラム教はあまりに絶対的になり、イスラム社会は ― アメリカによる戦争の結果を除外しても ― いろいろな問題を抱えるようになった。

キリスト教徒はキリスト教を超えることで暗黒の中世から抜け出した。

イスラム教徒よ、君たちはイスラム教を超えることができるかい? イスラム教を相対化できるかい?

スポンサーサイト

タイナカサチ『disillusion』→『distribution』


夢で見た板 あの日の価格
届かない指値
明日の相場は なんて描いても
消えない含み損に悩む

こぼれ落ちる涙を 拭うその手で
揺れる心抱えて 売り込んでいけ下げを

ブラジル当てにしても
アラビカ買うものじゃないのだから
本当の需要はそこにあるって
目を閉じていないで

下げに食われる ナンピンの玉
懐かしい昨日
明日の引けならば なんて祈っても
見えない需給に悩む

目減り続く資金と 迫る追証
破産するその前に 売り増していけ下げを

ブラジル当てにしても
アラビカ買うものじゃないのだから
本当の需要はそこにあるって
目を閉じていないで

相場のために生きて
この玉が全てでいいでしょう
見せ掛けの強気をそっと捨てて
ただありのままで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。