search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全体の安定とアラインメント ― 『わがままな彼ら』および終論


参照: http://reviva.blog1.fc2.com/blog-entry-293.html //

小泉構造改革の間、道路公団の藤井当時総裁とライブドアの堀江社長がそれぞれ、代表責任者の地位を失った。

藤井はLawful Egoistの典型であり、堀江はChaotic Egoistの典型だった。

藤井は道路公団に巨額の赤字を負わせたこと、堀江は粉飾決算で株主に割高な株を買わせたことが問題視されているようだ。

それらの問題は無視されるべきではない。しかし、社会を構造という観点から捉えるならば、「わがままな彼ら」にも社会で果たした役割があった。

藤井が躓いたことで、官僚主導の政治を改革し、体制を縮小しようとする小泉純一郎には支持が集まった。体制の肥大化に歯止めがかかった。

堀江が躓いたことで、行きすぎた規制緩和に社会は懸念を示すようになった。経済についての過度な放任主義に歯止めがかかった。

社会で様々なアラインメントがそれぞれある程度の力を持ち、それらの力の均衡で社会全体が中道にある時、それぞれのアラインメントが社会の発展と繁栄に貢献する。「わがままな彼ら」もまた例外ではない。


戦前戦中の日本、ドイツ、イタリアが国際社会の鼻つまみ者であったこと、恐怖政治時代のソビエト連邦と文化大革命時代の中国がそうであったこと、そして現在の北朝鮮がそうであることには、アラインメント均衡の崩壊という共通点が見られる。

アラインメントの均衡が崩れた社会は、アラインメント均衡を取り戻すか、体制を壊して立ち直るか、戦争を始めるか、いずれかの道を辿ることになる。

主権者としての国民が平和維持を望むならば、アラインメントの均衡を意識した方がいい。

(今回の一連のアラインメント論はこの記事で終わりとなる。Lawful-Chaotic軸、Altruist-Egoist軸しか詳しく取り上げなかったが、人間のアラインメント軸は他にも多数存在する。)

スポンサーサイト

語学 ― 英語の助動詞


英語の助動詞は前後の文脈がないと意味がはっきりと伝わらないことが多い。

Could you come back? ··· 「あなたは戻って来てもらえますか?」という依頼の意を含んだ疑問文かもしれないし、「あなたは戻ってくることが可能でしたか?」という過去の可能を問う疑問文かもしれない。

What should you say? ··· 「あなたは何をいうべきなのですか?」または「あなたはなんてことをいうのですか?」

You must be ready. ··· 「あなたは準備する必要がある」または「あなたは準備しているに違いない」

しかしながら、英語で書かれた契約書では、助動詞が多用されている。これでは、アメリカで訴訟沙汰が絶えないのも無理はないと思えてくる。

曖昧な助動詞を避ける表現ももちろんある。

Could you come back?
→Will you please come back?
→Were you capable of coming back?

What should you say?
→What are you supposed to say?
→What dare you say?

You must be ready?
→You need to be ready.
→I'm sure you are ready.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。