search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資理論 ― 思い切らない


勝てば賭けた金を2.5倍返し、負ければ全額没収、勝率50%という賭け事を考えてみる。

仮に勝ち負けが交互に起こったとしよう。ある人は資金の1/2を賭け、別のある人は資金の1/6を賭けてみた。さて結果はいかに?

        1/2賭け 1/6賭け
        100%    100%
 1回目  175%    125%
 2回目   88%    104%
 3回目  153%    130%
 4回目   77%    109%
 5回目  134%    136%
 6回目   67%    113%
 7回目  117%    141%
 8回目   59%    118%
 9回目  103%    147%
10回目   51%    123%
11回目   90%    153%
12回目   45%    128%
13回目   79%    160%
14回目   39%    133%
15回目   69%    166%
16回目   34%    139%
17回目   60%    173%
18回目   30%    144%
19回目   53%    180%
20回目   26%    150%
同じゲームでも、これだけ違う。思い切らない、これこそ王道だ。
スポンサーサイト

ブログ巡礼の旅


最近のトラックバックを辿って、ブログサイトのトップページを巡礼。

  1. http://hosiakari.blog34.fc2.com/ +10
  2. http://reviva.blog1.fc2.com/ + 0
  3. http://mypeace.exblog.jp/ + 0
  4. http://sky.ap.teacup.com/deep/ - 2
  5. http://blog.goo.ne.jp/kintaro-chance/ - 5
  6. http://highjump.cocolog-nifty.com/highjump/ - 6
  7. http://turbulent.seesaa.net/ - 6
  8. http://clash.blog2.fc2.com/ -10
  9. http://teddys.cocolog-nifty.com/nanairo/ -11
  10. http://tomber.livedoor.biz/ -14
  11. http://blog.hitachi-net.jp/ -16
  12. http://blog.goo.ne.jp/hiroharikun -17

URLの右の数字は推定リバタリアン度。下限は-50、上限は+50。トラックバックとコメントを部分的に含むので、 ブログサイトオーナー以外の性格をも反映する。

コンピュータによる判定だが、そのコンピュータの学習を管理しているのは私なので、 公平性や中立性が完全に保証されているのではない。

edit

ブログ巡礼の旅


最近のトラックバックを辿って、ブログサイトのトップページを巡礼。

  1. http://hosiakari.blog34.fc2.com/ +10
  2. http://reviva.blog1.fc2.com/ + 0
  3. http://mypeace.exblog.jp/ + 0
  4. http://sky.ap.teacup.com/deep/ - 2
  5. http://highjump.cocolog-nifty.com/highjump/ - 5
  6. http://turbulent.seesaa.net/ - 6
  7. http://clash.blog2.fc2.com/ -10
  8. http://teddys.cocolog-nifty.com/nanairo/ -11
  9. http://tomber.livedoor.biz/ -14
  10. http://blog.hitachi-net.jp/ -16

URLの右の数字は推定リバタリアン度。下限は-50、上限は+50。トラックバックとコメントを部分的に含むので、 ブログサイトオーナー以外の性格をも反映する。

コンピュータによる判定だが、そのコンピュータの学習を管理しているのは私なので、 公平性や中立性が完全に保証されているのではない。

edit

権利について ― IV


日本国憲法第12条

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。
又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、
常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

ここでの権利は、明確に、意思説における権利のことだ。

また、全ての権利には保持義務が伴っている。

よって、日本国憲法が権利に偏っているという主張は正しくない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。