search this site:

Chaotic Neutral

左にも右にもよらず、自由な生き方探し。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識人の大転び ― 靖国だけで満足しそうな花岡信昭


http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070808/shs070808001.htm

ここは安倍首相が進めようとしていた本来の路線を「ぶれず、愚直に」突き進む以外にないのではないか。

具体的な課題としては、テロ特措法の延長、集団的自衛権の見直し、国家安全保障会議(日本版NSC)の創設などが待ち構えている。粛々・堂々と進めていけばいい。民主党内にも支持派は存在するのであって、真正面から打ち出せば民主党の内部分裂を促せるかもしれない。

そうした「保守らしさ」の象徴的なものが「8・15靖国参拝」だろう。小泉純一郎前首相はこれを総裁選の公約とし、「8・15」は微妙に回避しながらも毎年の参拝を続けてきた。これが保守層の支持拡大に貢献したことを改めて想起すべきだ。保守層にとって靖国は格別の意味合いを持つのである。

先の参院選で、少なくとも有権者の3割は年金問題、2割は格差問題を重視して投票したってのに、ここで安部内閣が生活案件よりも軍事と靖国を優先させれば、少なくとも安部政権は、そしてもたもたしていれば自民党も終わってしまう。

テロ特措法を延長しなくても、日本は困らない。アメリカだって困らない。集団的自衛権は、もともと。アメリカに向かって発射されたミサイルを日本が撃ち落とせるようにする法整備論から出てきた話だけど、肝心の対弾道ミサイル防衛システムが完成するのは将来の話。国家安全保障会議があるかどうかは、国家安全保障にあまり関係がない。危機は会議を待ってはくれない。

靖国参拝は保守層に受けが良い。けれど、保守層は社会階級じゃない。彼らに媚を売っても、安定した支持を得られるとは思えない。

(それにしても、保守層についての花岡の見解が妥当だとしたら、保守層って単純馬鹿の集まりだってことになる。保守諸君、君たちは馬鹿にされているのだよ。)

スポンサーサイト

知識人の大転び ― コシミズと組んでる天木直人


天木直人はリチャード・コシミズの講演会を応援していて、コシミズといえば、国際政治で日本に不利なことが起これば全部ユダヤ人のせいにするし、ナチスによるユダヤ人虐殺の歴史事実を否定するし、劣化ウラン弾を無害だといいはるなど、奇行の目立つジャーナリストだ。

天木は孤独なんだなぁ、と思う。なにせ、これほど
http://www.amakiblog.com/profile/
の輝かしい経歴のある人だから、面と向かって批判する人が内部に少ない。コシミズとは組まないほうがいいとわかっている人は九条ネットにもいるんだろうけど、天木に意見しようにも格で負けが大きくてどうしようもない。

知識人の大転び ― チャートを読めない中山忠夫


参院選、あす投開票 大敗のたびに景気失速 参院、やっぱりいらない?
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200707280022a.nwc

サンケイの中山忠夫はチャートも読めないらしい。私が代わりに読んであげよう。

・1986年の自民党勝利 → 1989年の株高(相関)
・1989年の自民党敗北 → 1992年の株安(相関)
・1992年の自民党勝利 → 1995年の株安(逆相関)
・1995年の自民党敗北 → 1998年の株安(相関)
・1998年の自民党敗北 → 2001年の株安(相関)
・2001年の自民党勝利 → 2004年の株安(逆相関)
・2004年の自民党敗北 → 2007年の株高(逆相関)

回数では、相関が多いけれど、2001年の自民党勝利と2004年の株安の間には、バブル崩壊後最安値が存在する。統計的な有意性は希薄だ。

株価で日本経済を語るのならば、日本経済は自民党がなくてもやっていける、ということになる。

知識人の大転び ― インドについて語る藤原正彦


藤原正彦の『国家の品格』に、インドでの教育の話が出てくる。

インドでは数学教育に熱心で、それゆえソフトウェア産業が発達している、という主張を、早期の英語教育に対する批判の文脈に挿入したものだ。

この論法の強引さは学術経験者らしからぬ。

確かにインドでは数学教育に熱心だが、英語教育にも熱心だし、社会には複数の言語が飛び交う。

数学に加えて、英語もまた、インドのソフトウェア産業に貢献しているに違いない。

アルゴリズムの理解には数学が必要だが、大規模なプログラムの作成には、オブジェクト指向やアスペクト指向など、語学的な能力も試される要素がある。

また、アメリカからの受注には、英語で書かれた仕様書を読み解く英語力は不可欠だ。

数学教育も必要だし、英語教育も必要なのだ。

知識人の大転び ― ルソーについて語る渡辺昇一


渡辺昇一曰く、「そもそもジェンダーフリーという言葉自体は和製英語らしい。その思想はルソーに端を発し、初期のレーニンの思想につながる。究極的には家を破壊する、極端な左翼思想と言ってもいい。」

しかしルソー曰く、「この世で最初に生まれた共同体は家族です。しかも家族はただ一つ自然に発生した共同体です。しかし本来、子供が父親の束縛を受けるのは自己保存のために父親を必要としている間だけのことであって、この必要がなくなるとこの自然に生まれた束縛も終わってしまいます。そうなればもう子供は親に服従する義務から解放されます。」

渡辺昇一曰く、「ルソーはそれまで人類が良きものと考えていた、国家とか財産とか全部ひっくり返し、否定してみせた。」

しかしルソー曰く、「人は個人的な利益のために、全体の利益に反する行動をとることがあるのです。本来人間は別々に暮らしており、また生まれつきの気儘な自由をもっているため、公の義務を不当なサービスであると考える人も出てきます。この義務を果たすのは自分にとっては大きな負担だが、自分一人ぐらいこの義務を果たさなくても全体にとっては大した損害にはならないはずだと、考えるわけです。また国家という人為的な人格などは単なる架空の存在で本当はそんな人はいないのだと思う人も出てくるでしょう。そんな人たちはきっと市民としての権利の行使には熱心でも、一般民衆としての義務の方は全く省みないということになってしまうでしょう。この種の不正の蔓延は市民共同体の崩壊へつながるのです。」

渡辺昇一が批判するルソーは、むしろ、渡辺昇一が好む思想の提唱者としても偉大な先達なのだ。

ルソーは王権の制限を唱えたという点で左派的だが、これは立憲君主制に反映されているし、民衆の義務を唱えたという点で右派的であり、これは徴兵制に反映されている。

(ところで、「ジェンダーフリー」という言葉を最初に使ったのはバーバラ・ヒューストン。和製英語じゃない。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。